園長ごあいさつ    2018/06/11

 春の幼稚園行事の一つである各学年の遠足は、年長組はスクールバスに乗って川口市グリーンセンターに行ってきました。今年も園内のミニSLに乗りました。大きな歓声が上がり、5月の爽やかな風が、子供たちの頬を、撫でていきました。思いっきり遊び、持って行った水筒の中身が無くなるくらいになりました。 年中組、年少組は親子一緒に大崎公園に出かけました。いずれも晴天に恵まれ、動物を触る事も出来、楽しい思い出が沢山できました。

 五月は教会の暦で聖母月といって、マリア様の月でした。明の星の子供たちは、いつもマリア様に見守って頂き、マリア様のように優しい親切な心でお友達と仲良く出来るように頑張っています。

 これからも、ご家庭の皆さんやまわりの多くの方々の温かい愛を頂き、より一層成長するように願っています。

 梅雨に入り、見沼代用水の水かさも増えてきています。カルガモの親子が用水をスイスイ泳ぐ姿がまもなく見られることでしょう。これから始まる、プール指導、納涼まつり(年中、年少)お泊り保育(年長)等、行事が沢山控えています。楽しい良い思い出を作り、お友達との輪が広がっていくよう成長を支えていきたいと存じます。

 今年度から、保育ボランティアを保護者の皆様にお願いした所、多くの方が応募してくださいまして誠にありがとうございます。奉仕の精神を持ち、子供たちに接して下さる事に感謝申し上げますと共に、複数回お出で下さる方や、お申し出下さっても、ご希望に添えなかった方、2学期3学期も募集致しますので、次の機会にも是非宜しくお願い致します。

園長  成田りょう